カラダを引き絞れ、みんなが憧れる細マッチョBODYを得るために

痩せれるダイエット始めよう。
体重計に乗ろうとする

数値的な細マッチョ

細マッチョというのは、痩せていてマッチョであるという体型のこと。筋トレをして鋼鉄の塊のような筋肉で肉体を鎧うのではなく、むしろ針金をしっかりと撚り合わせたような芯を通すこと。
細く引き締まったカラダの外からでも、そのしっかりとした芯を見出すことが出来る体型。それが、細マッチョなのだ。

そのために必要な条件は2つある。適切な筋トレによってカラダを鍛え上げながらも、体型的には山のように筋肉を付けるのではなく、一定の「痩せ型」をキープすること。
そして、痩せ型をキープしつつもカラダの中にある筋肉の割合を「マッチョ」と言えるレベルにすること。
これらの両立をするためには、筋トレをしてカラダをつくりながら、「2つの数値」に気をつけておくと良い。BMI値と体脂肪率だ。

ダイエットをしたり、逆に体重を増やしたりして、体型を変えることは出来る。そしてその上で筋トレを行うことで、マッチョなボディをつくり上げることが出来る。ただし、完成したボディが細マッチョになるかどうかは分からない。
そういうわけで、気をつけるべき数値が2つある。BMI値と体脂肪率。具体的な数値を挙げれば、BMI値は「20以上25未満」が望ましい。そして、体脂肪率は「10%前後」がいいとされている。

BMI値とは、体重の数値を身長で割って、さらにもう一回身長で割った結果、出てくる数値。これが上に挙げたような範囲内にある数値だったら、きみのカラダは「痩せ型」だ。
そして、体内の脂肪の割合がいくらくらいかという数値が上記のようであれば、きみのカラダは筋肉質であるということになるのだ。
そして、2つの条件が揃ったとき、きみは細マッチョの称号を手に入れ、モテモテになれるであろう。

筋トレをする中で気をつけなければならないのは、ついつい熱が入りすぎて気づいたら細マッチョの域を超えたマッチョになってしまうこと。
もちろん筋トレの結果モリモリの筋肉質になることは悪いことではないのだが、やはり、今の時代にカッコイイと言われるのは適度に痩せ型をキープしつつムキムキな細マッチョなのだ。

Copyright(c) 2015 カラダを引き絞れ、みんなが憧れる細マッチョBODYを得るために. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com